防水性がないiPhoneも修理業者の防水加工サービスで防水に出来る!

機種によっては防水性がないものもあるiPhone

iPhoneの一部の機種には、予め防水性が備わっていて多少の水が付いたり、水没したとしても本体は壊れないようになっています。しかし、全てのiPhoneが防水という訳ではなく、最新の機種でも防水仕様になっていないものも多いです。防水性の無いiPhoneの場合、水の中に水没させると簡単に壊れてしまう場合もあります。何万円もするiPhoneがうっかり水の中に落としただけで壊れてしまうのは、ユーザーとしては避けたいことでしょう。と、そんな防水性の無いiPhoneですが、iPhoneの修理業者が行っている防水加工サービスを利用すれば、防水仕様にすることが可能です。防水加工がされていれば、雨の日でも多少の水は気にしなくて良くなりますし、万が一水没させた時にも大きな心配は要らなくなります。

防水加工にかかる時間とサービス料金

防水加工をしてくれるのに必要な時間は修理業者の腕により変わってきますが、速いところだと一時間以内にiPhoneを防水加工に改造してくれる所もあります。何時間もかかる作業とはなりませんので、iPhoneをよく水没させてしまうという方は一度修理業者に依頼をしてみてはいかがでしょうか。次にサービスの料金ですが、相場価格としては五千円から一万円程度です。高くても、一万円を超えることは少ない傾向です。購入したiPhoneを故障させずに長く使いたい時や、お風呂の中でも使いたいという時には、防水加工サービスはとても役立ちます。ちなみに、iPhoneの修理業者は防水加工サービスを始め、様々な修理サービスも行っています。既に本体を落として水没させてしまったiPhoneがある方は、まずは故障を修理してもらい、その上で防水加工サービスを依頼する方法もあります。

iPhone修理は正規店と非正規店で実施しています。どちらかというと、非正規店のほうが格安でなおかつスピーディーです。