閲覧者を意識しよう!ホームページの作り方

閲覧者が見やすいデザイン

ホームページを作る上で閲覧者を意識したデザインにするのは大切なことです。せっかくアクセスしてくれても、雑なデザインではすぐに閉じられてしまうことでしょう。できることなら一度のアクセスでページ内を巡回してもらいたいので、デザインの悪さで見切りをつけられることが無いように工夫したいです。最近はスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を扱うユーザーが増えています。PCよりもモバイル端末を扱うユーザーの割合が高いので、PCブラウザ向けの表示だけでなく、モバイル端末向けの表示を意識したホームページ作りも大切だということです。モバイル端末を意識する場合、液晶が小さいので表示できるコンテンツ量を少なくする、読みやすくなるように文章の量は簡潔にすると良いでしょう。

人気のホームページを研究する

検索結果の上位に入るホームページはデザインを考える上で参考になります。人気のホームページから流行りのデザインやコンテンツの配置を真似したり、何が良いのか研究したりするのは大事なことです。最近の流行りだとヘッダーやサイドバーなどのコンテンツを個別に色分けして分かりやすいデザインにする傾向があります。さらに、色分けしたコンテンツに影をつけるなど、立体的な表現を加えるテクニックは良く使われています。閲覧者の視覚に訴えるようなデザインが求められていると言えます。コンテンツの色分けや影つけなどは、コンテンツ毎にIDまたはクラスを指定してCSSで操作すれば簡単にできます。短時間でマスターできるテクニックなので覚えておきたいです。

ホームページ作成すると、店やサークルの宣伝に役立てることができます。SNSとは違った魅力と使い方ができるのでおすすめです。